フラット屋根(陸屋根)屋上の防水工事【ウレタン防水】な件

  • 防水工事・雨漏り修繕

目加田 充規

目加田 充規

工事管理部

徹底したお客様目線で、施工管理をして参ります。宜しくお願い致します

スタッフ紹介はこちら

名古屋市天白区にショールームを構えて3年!創業25周年!

名古屋市の外壁塗装専門店

(株)東海工芸目加田です。

 

陸屋根(平屋根)の屋上防水工事に関して施工現場ブログを書いていきます。

陸屋根(フラット屋根)とは・・・?

陸屋根とは、瓦やカラーベスト等が敷いてある勾配(傾斜)がある屋根とは違い、平らなフラット屋根のことをいいます。ただし、完全に水平という訳ではありません。雨水を流す「排水勾配」と呼ばれるわずかな傾斜が付いています。

屋上としても利用ができることや、屋根裏が必要ないので、居室空間を広くとれて部屋の天井を高く設計できるなどのメリットがあります。

 

しかし、瓦やカラーベストのような勾配屋根であれば、傾きを利用して雨水や雪が自然と流れ落ちますが、陸屋根は勾配がわずかしかついていなく、勾配屋根に比べると雨水や雪が残りやすいです。年数の経過によって、防水性が失われていくと雨漏りの原因にもなりますので『防水性』を保つこと年数経過に合わせたメンテナンスが肝心になります。

 

今回は、名古屋市天白区のH様邸にて、フラット屋根の屋上防水工事の施工をお伝えします。

 

屋上防水にウレタン防水工事(通気緩衝工法)

天白区H様邸は、長い間、陸屋根(屋上)のメンテナンスがされておらず、防水効果が失われている状態でした。

今回は、様々な種類がある防水工事から、ウレタン防水・通気緩衝工法にて施工を行いました。

 

①高圧洗浄

汚れや付着物・ゴミを取り除き、施工面を綺麗にするために高圧洗浄を行います。

 

②下地補修

長い間、雨水や紫外線が当たった影響で、下地であるコンクリートにも影響が出ています。ひび割れ(クラック等)も発生しているので補修が必要です。樹脂モルタルを使用して下地補修を行いました。

③プライマー

下地を整えたら、いよいよ防水工事をスタートします。まずは、プライマーと呼ばれる接着剤の役割をするものを塗布していきます。

プライマーを施工することで、防水の膜がしっかりと密着します。

④通気緩衝シート

つづいては通気緩衝シートを貼り合わせていきます。

貼り合わせた隙間をしっかり埋めることが重要です。

下地であるコンクリートは、日常の雨や屋内の湿気・水分を含んでおり、昼夜の温暖差や太陽の熱により水蒸気を発します。こちらを貼ることで、コンクリート内部に含まれている水分や湿気の逃げ道が作られます。

 

⑤ウレタン防水塗膜施工

ウレタン塗膜を施工していきます。厚みが均一になるように、専門の職人が作業を行います。

立ち上がりの部分や端部まで、防水の塗膜をつけることで雨漏りを防ぎます。

1層目を施工したら、乾くまで待ち、乾いたことを確認してから2層目の施工をします。

 

⑥ドレン設置

ドレンを設置しています。ドレンとは雨水を流す部分で、ここに向けてわずかな傾斜が作られています。

ドレンまわりが劣化すると雨漏りが起きやすくなるため、隙間なく施工していきます。

ドレンまわりにもウレタン塗膜を施工しています。

⑦脱気筒設置

脱気筒を設置していきます。脱気筒も設置面に隙間ができないように施工することが大事です。コンクリート内部に含まれた水分や湿気が通気緩衝シートを通って、脱気筒より外気に逃げていくというしくみです。

脱気筒にもウレタン塗膜を施工しています。

 もし水分や湿気の逃げ道をなくしてしまった場合・・・

夏の場合は特にですが、コンクリート内部にたまった水分や湿気は水蒸気となり、膨張します。逃げ場がなくなった水蒸気が外に出ようとして、塗膜に割れや膨れが起きるといった現象を招いてしまう恐れが出てきます。そこから雨水が中に入り、雨漏りに繋がることもあり得ます。

 

⑧トップコート・完工

全ての面にウレタン塗膜を施工し終えたら、トップコートを施工します。

ウレタン塗膜は、家の中に雨水を通さない防水の役割がメインなのに対して、トップコートはウレタン塗膜が紫外線や雨風などで劣化することを守る役割があります。

5~8年を目安にトップコートだけでも施工しなおすと、防水層であるウレタン塗膜も長持ちします。

結局・・・

結局何が言いたいかというと

 

フラット屋根(屋上)をおろそかにすると雨漏りの危険大!

定期的にチェックは必須事項です。

って事です!

 

今回はウレタン塗膜防水・通気緩衝工法にて施工をお任せ頂きましたが、防水工事の種類は他にも色々ございます。

(FRP防水工事・塩ビシート防水工事など)

施工する場所や、前にどのような施工がなされているかで、どのような防水工事を行うことが最適かを見極めてご提案します。

 

関連する記事はこちらにも

屋上やベランダ・バルコニー防水の膨れを防ぐ通気緩衝工法って?の件

 

ベランダ防水は定期的にチェック!防水工事の現場な件

 

ベランダ・バルコニーの防水層を守るトップコート塗装って何なの?な件

 

意外と気づかないベランダからの雨漏りの原因と修理、費用の件

 

屋上防水工事の基礎知識!ウレタン防水って?な件

 

 

屋根修理や塗装、外壁塗装で納得がいかない仕上がりになって後悔しないために、

しっかり考えてほしいから、なんでも遠慮なく聞いてほしいです。

お客様のペースやご都合に合わせて、スタッフが誠実・丁寧にお応えします。

まずはお気軽にご相談ください。

もちろん相談、お家の診断、見積りは無料で行っておりますのでご安心ください。

東海工芸ショールームってどんなところ?どこにあるの?  ←こちらをクリック

 

自社施工にこだわり丁寧な工事を心がけて、おかげさまで東海エリア施工実績7,000件を超えました。

東海工芸の工事品質をぜひお確かめください!

施工事例一覧  ←こちらで施工の一部をご紹介しています

 

名古屋市を中心に愛知県で外壁・屋根塗装のことなら地域密着の塗装専門店 東海工芸に一度ご相談ください!

株式会社東海工芸

ヤマハ第一楽器わんわん植田店さん交差点すぐ

名古屋市天白区植田西3丁目810番地

受付時間:9時~18時

定休日:火曜

ご相談無料 0120-37-2514

 

塗装を知っトクことから始めませんか?

 

 

大決算セール!!!!名古屋の外壁塗装・屋根塗装ショールーム

お気軽にどうぞ♪

0120-37-2514

受付時間 9時~18時 定休日:火曜

大決算セール!!!!名古屋の外壁塗装・屋根塗装ショールーム