• HOME >
  • 自社職人VS下請け職人の違い
自社職人・技能士施工集団です

自社職人VS下請け職人の違い

自社職人VS下請け職人の違い

東海工芸は、実績に恥じない施工を約束します

その1 メーカー指定の工法遵守

各メーカー・塗料によって施工方法、乾燥時間が違います。
早く塗る、時間をかけて塗るのはどちらかいいのか?と聞かれることもありますが、答えはメーカー指定の工法をしなければ、いけません。

その1 メーカー指定の工法遵守

その2 養生のこだわり

品質が良い塗装会社は必ず、養生に表れます。これは、雑になるところをいかにこだわるかを表しています。
こういった養生にこだわる会社は、施工も丁寧です。

その2 養生のこだわり

その3 塗布量算出のこだわり

施工するときに、必要な塗料缶数を計算して、塗布面積に合わせた正確な塗料で施工します。こういった細かいことにこだわるからこそ。
その思いを理解してくれている、自社職人でなければいけません。

その3 塗布量算出のこだわり

その4 現場のきれいさへのこだわり

現場はショールームである」との考えの元、現場はきれいに保つようにしています。東海工芸では、5S運動の推進・徹底のもと、いかに現場をきれいにするかを職人ひとりひとりが意識をもって取り組んでいます。

その4 現場のきれいさへのこだわり

その5 完工後も責任施工

自社職人だから、完工後も責任をもって施工をしていきます。
外注の職人さんですと、入れ替わりが激しかった地、会社をたたんでいたりする場合もあるので、その後のお付き合いができない場合があるため、自社にこだわります。

その5 完工後も責任施工
外壁塗装 ビル・アパート・マンション 大和ハウス ミサワホーム パナホーム トヨタホーム 積水ホーム
お問い合わせ