• HOME >
  • カバー工法

塗装するとさらに劣化する屋根があるのをご存知ですか?そんな屋根は屋根カバー工法をオススメ

このタイプの屋根は塗装では無理です!ニチハのパミール屋根

15年前後で剥がれたり釘が錆びて屋根材がずれ落ちたりという不具合が発生している屋根材で、テレビでも報道されました。パミールは、結露を引き起こし、水分を吸収しやすいという特性、その水気で釘がサビ落ち、屋根材がずれたり取れてしまうという事態が起こっています。その結果、屋根材の下の木材が腐り、傷んでしまいます。屋根は、お家を守る重要な箇所であるためこの屋根材、劣化状況であれば、塗装ではなく葺き替えかカバー工法(重ね葺き)が必要になります。

この屋根には屋根カバー工法がオススメ!25年長持ちメンテナンスフリー
塗装が難しい屋根一覧をご紹介します
ニチハのパミール屋根 ニチハのパミール屋根

ニチハのパミールは基本的に塗装出来ません。高圧洗浄の時点で屋根材がボロボロになります。この屋根材は通常のスレート屋根材よりも比較的価格が安かったため、多くの戸建住宅で施工されていますので、特に注意すべき屋根材の一つです。報道番組でも特集が組まれたほどの問題のある屋根材です。



クボタのコロニアルNEO クボタのコロニアルNEO

コロニアルNEOはカラーベストの代名詞ともいえる屋根材です。様々な戸建住宅の屋根に採用されているコロニアルNEOですが、軽微なヒビ割れはよく見られ、希に大きな割れにまで発展している場合もございます。ただ欠片が落下するようなことはレサスやシルバス、ザルフほどはありません。



Panasonicのレサス Panasonicのレサス

Panasonicのレサスも基本的に塗装は出来ません。経年劣化により屋根材にヒビ割れが発生し、屋根材の端部が割れ、欠片が落下していく可能性の高い屋根材です。屋根点検で人が屋根に登ると「パキッ」と乾いた音が発生する程で、屋根材のヒビ割れが発生する可能性が高く、最悪割れた欠片が歩行者やクルマに当たってしまう恐れもある、大変危険な屋根材です。



上記の屋根材は専門業者でなければ判別するのが難しいです
東海工芸は屋根劣化診断をオススメしています

診断申込みはこちら

東海工芸が選ばれる7つの理由
お問い合わせ
外壁塗装 ビル・アパート・マンション 大和ハウス ミサワホーム パナホーム トヨタホーム 積水ホーム
お問い合わせ