• HOME >
  • 施工事例 >
  • 塗装困難なパミール屋根をカバー工法で長期安心リフォームプラン 名古屋市名東区

施工事例

塗装困難なパミール屋根をカバー工法で長期安心リフォームプラン 名古屋市名東区

施工前 施工前s

工事箇所 外壁 屋根
塗料メーカー KFケミカル アイジー工業
塗料名称 無機エクセレントUVY ガルテクトF(屋根カバー工法)
工事期間 約1ヶ月
お客様名 H様
市町村名 名古屋市名東区

施工後無機エクセレントUV、ガルテクトF

目地シーリング工事

目地現状 【施工前】目地シーリングに細かいひび割れが入り、傷みが進行しています。

目地撤去 傷んだシーリングを全て撤去していきます。

目地プライマー 目地まわりに養生テープを貼り、密着性を向上させるプライマーを塗布していきます。

目地充填 新しいシーリング材 オートンイクシードを充填していきます。塗料だけでなく、シーリング材の耐久性にもこだわって施工いたします。

目地ならし ヘラで丁寧にならした後に、養生テープを剥がします。

目地完了 【施工後】シーリングの打ち替え完了です。

サッシ廻りシーリング工事

サッシ廻りプライマー サッシまわりも同様に、シーリングの密着を良くするためにプライマーを塗布します。

サッシ廻り充填 新しいシーリングを充填します。

サッシ廻り完了 【施工後】シーリング打ち増し完了です。これで風雨が激しくなっても、安心ですね。

外壁塗装

外壁1下塗り 外壁の下塗りをしています。上塗り塗料の密着を良くする作業です。

外壁1中塗り 中塗り中です。たっぷりと塗って、膜厚を均一にします。

外壁1上塗り 無機エクセレントUVYを上塗り中です。凹凸部分の透けや塗り残しがないように厚みをつけながら仕上げていきます。

屋根カバー工法(重ね葺き)

屋根現状 【施工前】パミール屋根の現状です、端部が浮き上がったり、剥がれたり、表面がボロボロになっています。既存の屋根材の上に新しい屋根材を上から被せるカバー工法(重ね葺き)で改修していきます。

屋根1 屋根の防水シート(ルーフィングシート)を全面に張ります。ここがしっかりしていないと屋根の雨漏りや不具合の原因になってしまいます。隙間なくはり込みました。

屋根2 屋根の壁取合い水切り部分も防水シートを板金に挟み込んで固定し、しっかり雨漏り防止していきます。

屋根 ガルテクトフッ素(ガルバリウム)の屋根材を、軒先から順に、横方向に設置していきます。

屋根完了1 【施工後】ガルテクトは、ガルバリウム鋼板で丈夫で耐久性が優れいる金属屋根なので、安心です。見た目もカッコよく高級感のある仕上がりです。

屋根完了2 【施工後】金属瓦ガルテクトでカバー工法(重ね葺き)完了です。これで雨漏りする心配もなくなりました。

付帯部塗装

軒天下塗り 軒天の下塗りをしているところです。

軒天上塗り一回目 軒天の上塗り1回目です。湿気や雨水により水分がたまりやすくなる部分なのでカビの生えにくい塗料を塗り重ねていきます。

鼻隠し上塗り二回目 鼻隠しの上塗り2回目塗装中です。

シャッターボックス下塗り シャッターボックスを下塗りしていきます。

シャッターボックス上塗り二回目 シャッターボックスの上塗り2回目です。塗料を重ねて厚みのある塗膜をつけて仕上げます。光沢が出てきています。

雨樋1下塗り 雨樋の下塗りをしています。

雨樋下塗り 雨樋の下塗り作業をしています。

水切りサビ止め下塗り 水切りのサビ止め下塗りをしています。手間はかかりますがハケで鉄部すべて塗布していきますので、美観性も保たれます。

水切り上塗り 水切りの上塗りをしています。

ベランダ床下塗り ベランダ床の下塗りです。劣化を放置しておくと雨漏りの原因になりやすい箇所なのでしっかり施工していきます。

ベランダ床中塗り ベランダ床の中塗り中です。

ベランダ床上塗り ベランダ床の上塗りです。塗り残しがないように、しっかりと仕上げていきます。美しく生まれ変わってきましたね。

私が担当しました!

屋根材は、塗装が無理なニチハのパミールを使用していましたので、ガルテクトフッ素(ガルバリウムカバー工法)をおすすめさせていただきました。
外壁は、無機エクセレントUVで施工いたしました。長持ちする安心プランです!

池田慶一
池田 慶一

外壁塗装 ビル・アパート・マンション 大和ハウス ミサワホーム パナホーム トヨタホーム 積水ホーム
お問い合わせ