• HOME >
  • カバー工法

屋根カバー工法とは?

こんにちは。
有限会社東海工芸代表の池田です。
今日まで、多くの屋根リフォームを手がけてきましたが、 屋根のメンテナンスを含むリフォームには、 塗装とお考えになる方がほとんどでした。
確かに屋根塗装は一般的なリフォームの方法であります。
しかし築年数が経過し、屋根の傷みが激しかったり、変形がある様態では、たとえ塗装をしたところで長持ちしません。

痛んでなくてもダメなんです

痛んでないように見えて、見えないところでダメージを受けています!

屋根は、ルーフィングという防水シートを下に敷くことで雨漏りを防いでいます。
屋根自体の劣化が少なくとも、25 年程経過すると、このルーフィングが傷みだし、雨漏りを引き起こす原因となるのです。
屋根塗装を繰り返し行った後に葺き替えをするのでは、結局イニシャルコストもランニングコストもかかってしまいます。ですので、できるだけ早い段階でカバー工法を施工することをお薦めします。屋根材がカラーベストの場合は特に注意です。


こんなこと思い当たりませんか? 葺き替えよりコストを安くしたい カバー工法がおススメです

カバー工法とは、簡単にいうと、現状の屋根材の上にルーフィングと言われる屋根保護材を敷きつめ、その上に新しい屋根材を被せる工法の事です。
塗装よりも長持ちし、既存の屋根の解体や処分する手間がかからないので、葺き替えよりもコストを安くできる上、廃材も少ないエコな工法です。

カバー工法「ガルテクト」

屋根はダンゼンカバー工法がオススメ!

ガルテクトの特徴
遮熱・断熱のWパワーで快適空間を実現 軽量な金属屋根は安全・安心 防火性能 遮音性能 美観長持ち
ガルテクトを選ぶ人が増えています 施工前・施工後 少しでもガルテクトについて気になった方はお気軽にお問い合わせください
お問い合わせ

外壁塗装 ビル・アパート・マンション 大和ハウス ミサワホーム パナホーム トヨタホーム 積水ホーム
お問い合わせ