• HOME >
  • 施工事例 >
  • 外壁の風合いや木の木目をそのままにリフレッシュ塗装  春日井市

施工事例

外壁の風合いや木の木目をそのままにリフレッシュ塗装  春日井市

施工前 外壁塗装前

工事箇所 外壁 屋根
塗料メーカー アイカ工業、ピュアレックス
塗料名称 ジョリパットフレッシュインフィニティ、ピュアコート
カラー T1702
工事期間 約1ヶ月
お客様名 K様
市町村名 春日井市

施工後ジョリパットフレッシュインフィニティ

足場、高圧洗浄

足場 安全に作業を進めるために足場を組みます。洗浄水や塗料が飛散しないようにメッシュシートの取付けも行います。 

洗浄 (2) 屋根の高圧水洗浄です。水を噴射させ、その圧力によって屋根の洗浄をしています。

洗浄 すみずみまで丁寧に汚れを除去することで、新しい塗料がしっかりと密着します。

目地シーリング(コーキング)工事

目地、シーリング材 使用するシーリング材オートンイクシードです。お色はNアイシーホワイト。塗料だけでなくシーリングの耐久性にもこだわり施工します。

目地シーリング除去 既設のシーリングを剥がしているところです。

目地プライマー テープで養生し、シーリングの密着を良くするためにプライマーを塗布しています。

目地シーリング注入 新しいシーリング材をすき間なく打ち込んでいきます。

目地シーリングならし ヘラでシーリング材を均等にならし整えていきます。

目地シーリング完成 【施工後】テープを剥がして、シーリングの打ち替え完了です。

そのほかシーリング(コーキング)工事

サッシ廻りプライマー 玄関ドアまわりにプライマーを塗布しています。

サッシ廻りシーリングならし 新しいシーリング材をたっぷり打ち込んで、ヘラで平らに整えていきます。

サッシ廻りシーリング完成 【施工後】きれい仕上がりました。防水の大切な部分なので、これで安心です。

外壁塗装

外壁中塗り (2)下 下塗りはとても重要です。外壁の素材、下地の状態に合わせて選定した塗料で下塗りをします。

外壁下塗り中 通常の塗料で塗りつぶしてしまうと表面の風合いが失われてしまうため、ジョリパットフレシュインフィニティで質感をよみがえらせます。

外壁中塗り上 上塗り中です。マットな質感に仕上がっていますね。

外壁上塗り 光触媒フッ素コーティング「ピュアコート」吹付け塗装1回目。汚れが気になっていたり、塗り替え後も外観をきれいに保ちたい方におすすめの塗装材です。

外壁上塗り (2) ピュアコート吹付け塗装2回目です。耐候性が良いとされるフッ素樹脂を採用し一般的な光触媒塗料にはない塗膜の柔軟性が特長です。上質な質感に仕上がりました。

木部塗装

木ケレン 木部にケレン(研磨作業)を丁寧に行います。この工程で手を抜くと早期の塗膜剥がれや色あせの原因になりかねないため、地味ですが重要な作業です。

木下塗り 木部専用塗料で下塗りです。塗料が染み込むように塗っていきます。

木上塗り 塗りムラが出ないように注意しながら上塗りをしています。

木格子塗装

木格子ケレン 木格子にケレン作業です。木部の表面を削ります。

木格子下塗り 一枚一枚を丁寧に下塗りします。木目を消さずに木に塗料を染み込ませます。

木格子上塗り 木目の風合いを生かしつつ保護していく塗料で上塗りです。

軒天・雨樋塗装

軒天上塗り 外壁から外側に突き出している屋根(軒)の裏部分、軒天井に塗装していきます。

軒天下塗り 湿気の帯びやすい軒天にはカビの生えにくい専用塗料で塗装します。

雨樋下塗り 雨樋(たて樋)は小さなローラーで塗っています。塗装する場所によって、道具のサイズや種類を使い分けて作業します。

軒樋下塗り 色あせが目立っている軒樋(横樋)に下塗りをしているところです。

軒樋上塗り 軒樋に上塗り中です。付帯部も長持ちするように塗装します。

雨樋上塗り 雨樋に上塗りです。見違えるような仕上がりになりました。付帯部もきれいになると気持ちがいいですね。

私が担当しました!

この度は、東海工芸を選んでいただき誠にありがとうございます。
お住まいの雰囲気をそのままに外壁の風合いや木のナチュラル感を残したまま仕上げさせていただきました。
外壁の汚れを気にされていたため、ジョリパットフレッシュインフィニティの上からK2コートをコーティング仕上げをしました。塗りたての外壁の美しさを長持ちさせることができます。

森園真伍
森園 真伍

外壁塗装 ビル・アパート・マンション 大和ハウス ミサワホーム パナホーム トヨタホーム 積水ホーム
お問い合わせ