• HOME >
  • 施工事例 >
  • 安城市にて、外壁・屋根の色をグレー色に塗り替えて高級感のある雰囲気に

施工事例

安城市にて、外壁・屋根の色をグレー色に塗り替えて高級感のある雰囲気に

施工前 屋根外壁塗装前

工事箇所 外壁 屋根
塗料メーカー KFケミカル KFケミカル
塗料名称 セミフロンスーパーマイルドⅡ セミフロンスーパールーフⅡ
カラー n-80 チャコールグレー
工事期間 約3週間
お客様名 N様
市町村名 安城市

施工後セミフロンスーパーマイルドルーフ

高圧水洗浄

0棟板金 洗浄 屋根の一番高いところで屋根を覆っている棟板金に高圧水洗浄しています。

0屋根 洗浄 屋根に付着した汚れや劣化した塗膜をきれいに洗い流します。次に塗る塗料をしっかりと密着させるためです。

0外壁 洗浄 水を噴射させ、その圧力によって外壁に付着した汚れをきれいに落としています。洗った部分は、白さがよみがえったことがわかります。

0軒樋 洗浄 軒樋の洗浄中です。長年の汚れを徹底的に洗し流しています。

0破風板 洗浄 破風板の洗浄です。水圧により家の素材を傷めないように、水圧を調節しながら対応していきます。

0庇 洗浄 庇の洗浄です。カビ・コケなどの汚れが洗い流されると、明るさを取り戻してきました。

目地シーリング(コーキング)工事

目地撤去 既存の目地シーリングをすべて撤去します。

目地プライマー 次の工程の密着を高める専用のプライマーを塗布しています。

目地充填 新しいシーリング材を打ち込み、ならし整えます。色はこれから塗装する外壁の色に合わせています。

玄関ドアまわりシーリング(コーキング)工事

サッシ廻りプライマー テープで養生してからプライマーを塗布しています。

サッシ廻り充填 新しいシーリング材をすき間なく打ち込んでいます。

サッシ廻り完了 【施工後】きれいにならし、テープを剥がして完了です。きれいに仕上がりました。防水の大切な部分なので、これで安心です。

屋根の棟板金塗装

棟板金下塗り 屋根頂部にある棟板金にサビ止め下塗りをしていきます。

棟板金中塗り 中塗りで色をつけていきます。屋根からの雨漏りは棟板金の劣化から始まることが多いため、しっかりと対処していきます。

棟板金上乗り 棟板金に上塗り中です。塗りムラや塗り残しがないか確認しながら仕上げていきます。

タスペーサー設置、屋根塗装

タスペーサー取付 屋根の縁切り部材タスペーサー を挿入していきます。屋根と屋根の間に隙間を作って、雨漏りや結露防止の役目があります。

屋根下塗り 屋根に下塗りです。上塗り材の密着と耐久性を高めるために、下塗り材を丁寧に塗り込んでいきます。

屋根上塗り ムラなく適量を塗っていくことで塗装効果が発揮できるように上塗りします。チャコールグレーの美しい仕上がりですね。

外壁塗装

外壁下塗り 外壁に下塗りです。メーカーからの下塗り材と上塗り材の組み合わせや、乾燥に必要な時間、面積当たりの基準塗布量を守って施工します。

外壁中塗り 中塗りから色のついた塗料を塗るので、一気に雰囲気が変わっていきますね。

外壁上塗り 上塗りでさらにしっとりとした質感になりました。高級感のあるグレー(N-80)色に仕上がりです。

シャッターボックス・破風板塗装

シャッターボックス下塗り シャッターボックスに下塗りをしているところです。

シャッターボックス上塗り シャッターボックスに上塗りです。外壁の色に合わせて、明るいグレー色が上品な雰囲気ですね。

破風板上塗り 破風板に上塗り中です。破風板(三角になっている面)がきれいになるとお家が美しく輝きます。

軒樋・水切り・雨樋塗装

軒樋下塗り 色あせが目立った軒樋に下塗りをします。付帯部も長持ちするように塗装していきます。

軒樋上塗り 軒樋に上塗りをしています。見違えるような仕上がりになりました。

水切り下塗り 土台水切りに下塗りをしていきます。サビが発生することを予防します。

水切り上塗り 土台水切りにハケを使い上塗りをしています。

雨樋下塗り 色あせが目立つ雨樋(たて樋)に下塗りをしていきます。

雨樋上塗り 雨樋の上塗りです。左の下塗り写真と比較すると、違いがよくわかりますね。新品のような質感です。

私が担当しました!

外壁色は、光が当たり白っぽく見えますが実際は明るいグレー色です。
全体の爽やかなグレー色と、ホワイトを加えた色のバランスが美しい高級感のある仕上がりになりました。

池田慶一
池田 慶一

外壁塗装 ビル・アパート・マンション 大和ハウス ミサワホーム パナホーム トヨタホーム 積水ホーム
お問い合わせ