• HOME >
  • 施工事例 >
  • 外壁材の種類(木壁、ジョリパット 、サイディング)によって適切な塗料選び 名古屋市天白区

施工事例

外壁材の種類(木壁、ジョリパット 、サイディング)によって適切な塗料選び 名古屋市天白区

施工前 外壁屋根塗装

工事箇所 外壁 屋根
塗料メーカー プレマテックス、アイカ工業、大阪ガスケミカル
塗料名称 タテイル、ジョリパットフレッシュインフィニティ、キシラデコール
カラー PX-732、T-4034、エボニー
工事期間 約3週間
お客様名 H様
市町村名 名古屋市天白区

施工後タテイルジョリパットキシラデコール

高圧水洗浄

洗浄 (2) 専用の機械から水を噴射させ、その圧力によって外壁に付着した汚れをきれいに落とします。次に塗る塗料をしっかりと密着させるためです。

洗浄 土間床の汚れ、黒ずみを高圧洗浄機で洗浄すると、白さを取り戻しています。塗装しない箇所も含め、長年の汚れを徹底的に洗し流していきます。

目地シーリング(コーキング)工事

目地シーリング現状 【施工前】シーリングが壁面と密着しておらず、壁面との間に隙間が見えています。メンテナンスのタイミングですね。

目地プライマー 既存のシーリングを撤去し、目地まわりにテープを貼り、密着性を向上させるプライマーを塗布しています。

目地シーリング完成 【施工後】新しいシーリング材を注入し、ならして打ち替え完了です。防水の大切な部分なので、これで安心です。

シャッターまわりシーリング(コーキング)工事

シャッター廻りプライマー シャッターまわりのシーリングにプライマーを塗布しています。

シャッター廻りシーリング注入 新しいシーリング材をすき間なく注入し、厚みをつけていきます。

シャッター廻りシーリングならし ヘラで均等にならし整えています。次にテープを剥がし完了となります。

サイディングボードの塗装

外壁下塗り 外壁材の種類、下地の状態に合わせて選定した塗料で下塗りをします。

外壁上塗り 上塗り中です。凹凸模様に透けや塗り残しがないよう、塗膜に均一な厚みをつけ、それぞれの塗料に定められた適切な使用量を守り施工します。

外壁完成 【施工後】サイディングボード塗装の完了です。表面のキメが整い、落ち着いた質感に仕上がっています。

木部壁の塗装

木壁ケレン 木壁にケレン(研磨作業)を丁寧に行います。早期の塗膜剥がれや色あせの原因になりかねない大切な工程だからです。

木壁下塗り 木材の風合いをいかす専用の塗料で染み込むように下塗りをしています。木材の内部にしっかり浸透し、防カビ、防腐・防虫効果を発揮する塗料で施工します。

木壁上塗り 木材保護塗料キシラデコールのエボニー色で上塗り中です。少し茶色がかったような黒色が味わいのある感じです。木目の美しさを失わない仕上がりにします。

柱・軒天塗装

柱下塗り 柱の下塗り中です。おしゃれな風合いを塗り潰さず、残したままメンテナンスをします。

柱完成 【施工後】ジョリパット部分は、専用塗料ジョリパットフレッシュインフィニティを使用。ジョリパットの風合いを残しつつ、耐久性を高めてくれます。

軒天下塗り 軒天に下塗りをしています。軒天には湿気と防カビ性に優れた材料を使用します。 

シャッターボックス塗装

シャッターBOX下塗り 色あせしてきたシャッターボックスに下塗りをしているところです。

シャッターBOX中塗り 中塗りです。小さなローラーで塗っています。塗装する場所によって、道具のサイズや種類を使い分けています。

シャッターBOX上塗り 上塗り中です。左の写真と見比べるとわかりやすいですね。中塗りよりも上塗りした方が艶感があるのがわかります。

軒樋・鼻隠し塗装

軒樋現状 【施工前】軒樋・鼻隠しの現状です。長年の紫外線や雨風の影響を受け続ける箇所のため、劣化が気になります。

軒樋、鼻隠し下塗り 鼻隠しに下塗りをしています。付帯部も長持ちするように塗装していきます。

軒樋上塗り 軒樋に上塗り中です。細部の仕上がりが、お住まいの美観を高めますね。

破風板・水切り塗装

破風板上塗り 破風板に上塗りです。塗りムラや塗り残しのないように仕上げます。

水切り板金下塗り 土台水切りに下塗りです。細かな箇所は、小さなハケを使い作業します。

水切り板金上塗り 水切りに上塗りです。塗装をすることにより、美観が保たれ劣化を防いでくれます。

雨樋・ベランダ床塗装

雨樋下塗り 雨樋(たて樋)に下塗りをしています。

ベランダ床下塗り ベランダ床の上半分が下塗りした部分になります。塗料の密着を高める下塗りを細部まで丁寧に塗装します。

ベランダ床完成 【施工後】中塗り、上塗りして防水効果を確実にしました。見栄えも美しく生まれ変わりましたね。

私が担当しました!

外壁の異素材を組み合わせたデザインがおしゃれなお住まいの塗り替えをご依頼いただきました。
正面にはジョリパット、木部、ガルバリウム剛板。そして側面はサイディングボード。それぞれの素材に合った3種類の塗料を使用して施工いたしました。
色あせが目立っていた木部は念入りにケレン作業を行い、木部の風合いが長持ちするように下地処理をしてキシラデコールで塗装しました。
元の塗装色は大きく変えていませんが落ち着きのある色でひときわ目を引く、おしゃれな仕上がりになりました。

kameyama
亀山 将光

外壁塗装 ビル・アパート・マンション 大和ハウス ミサワホーム パナホーム トヨタホーム 積水ホーム
お問い合わせ