• HOME >
  • 施工事例 >
  • 傷んだカラーベストをカバー工法、外壁も同時にリフレッシュ! 名古屋市西区

施工事例

傷んだカラーベストをカバー工法、外壁も同時にリフレッシュ! 名古屋市西区

施工前 施工前s

工事箇所 外壁 屋根
塗料メーカー 日本ペイント アイジー工業
塗料名称 ファインパーフェクトトップ ガルテクト
工事期間 約1ヶ月
お客様名 T様
市町村名 名古屋市西区

施工後ファインパーフェクトトップ、ガルテクト

【施工前】屋根現状

屋根現状 (2)アップ カラーベスト(パミール)屋根の現状です。端部が浮き上がったり、剥がれたり、表面がボロボロになっています。

屋根現状 (2) 屋根材の劣化が進行していますので、屋根塗装ではなく、元の屋根材の上に新しい軽量の屋根材を上から重ねるカバー工法(重ね葺き)で改修していきます。

屋根カバー工法

屋根ルーフィング貼り 屋根の防水シート(ルーフィングシート)を全面に貼っていきます。

屋根ルーフィング貼り (2) ここがしっかりしていないと屋根の雨漏りや不具合の原因になってしまいます。隙間なく貼りこみました。

屋根板金本体 ガルテクト本体(金属瓦)の設置をしていきます。

屋根本体色 屋根材(ガルテクト)をしっかりはめ込みながら、留めつけていきます。

屋根板金施工中 ガルテクトの本体を下から順に敷いていきます。

目地シーリング工事

目地01_comp 【施工前】目地シーリングの現状です。
外壁にセラミックの吹付けがされていますね。

目地02_comp 既存のシーリングを全て撤去します。

目地03_comp 目地まわりに養生テープを貼り、密着性を向上させるプライマーを塗布していきます。

目地04_comp 新しいシーリング材をたっぷりと注入します。

目地05_comp 新しいシーリングを充填後、密着性を高めるために中に空洞が残らないようにシーリング材をならしていきます。   

目地06_comp 【施工後】シーリングの打ち替え完了です。

サッシ廻りシーリング工事

サッシ廻り現状 【施工前】サッシまわりのシーリング現状です。

サッシ廻りシーリング撤去 古いシーリングを撤去します。

サッシ廻りシーリングプライマー テープで養生し、プライマー塗布をしていきます。

サッシ廻りシーリング充填 新しいシーリングを充填します。

サッシ廻りシーリングならし たっぷり注入したシーリング材をきれいにならしていきます。

サッシ廻りシーリング完了 【施工後】きれいに仕上がりました。防水の大切な部分なので、これで安心です。

外壁洗浄

壁洗浄 外壁には、付着したカビやホコリ、劣化した塗料の粉などの経年による様々な汚れが溜まっています。高圧洗浄で洗い流していきます。

壁洗浄 (2) 足場を組み、洗浄作業を進めています。

壁洗浄 (3) 外壁の表面を入念に洗浄していきます。

外壁塗装

壁下塗り 外壁の下塗りをしていきます。

壁下塗り2 下塗り2回目です。前回はセラミックの吹付けが施工されていたので、密着強化をしていきます。

壁中塗り (2) 中塗りをしています。外壁の表面にツヤが出て、よみがえってきていますね。

壁上塗り 上塗りです。耐候性が期待できるラジカル塗料、日本ペイントのファインパーフェクトトップです。

壁中塗り 塗り分け部分の中塗りです。

壁上塗り (2) 塗りわけ部分の上塗りです。塗布量を守り、しっかり丁寧に塗装して仕上げていきます。

私が担当しました!

屋根の現状は、屋根材のカラーベスト(パミール)の表面劣化が進行していましたので、今後のことを考えて塗装ではなく、金属瓦カバー工法をおすすめさせていただきました。
外壁塗装に関しましては、前回はセラミックの吹付けが施工されていました。塗料の密着がしにくくなりやすいため、密着強化の下地処理を念入りに行いました。

池田慶一
池田 慶一

外壁塗装 ビル・アパート・マンション 大和ハウス ミサワホーム パナホーム トヨタホーム 積水ホーム
お問い合わせ