• HOME >
  • 施工事例 >
  • 屋根カバー工法とデザイン重視の多彩工法で外壁塗装 名古屋市西区

施工事例

屋根カバー工法とデザイン重視の多彩工法で外壁塗装 名古屋市西区

施工前 施工前s

工事箇所 外壁 屋根
塗料メーカー スズカファイン、ピアレックス アイジー工業
塗料名称 WBアートSi+K2コート(光触媒)仕上げ ガルテクト(カバー工法)
工事期間 約1ヶ月
お客様名 M様
市町村名 名古屋市西区

施工後WBアート・ガルテクト

足場架設・高圧水洗浄・養生

00全景 安全に作業を進めるために足場を組みます。洗浄水や塗料が飛散しないように、メッシュシートの取付けも行います。

00水洗い 専用の機械から水を噴射させ、その圧力によって外壁や屋根に付着した汚れやゴミをきれいに落とす作業のことです。次に塗る塗料をしっかりと密着させるためです。

00養生 塗装する際に、塗料がついてしまうと困る箇所をビニールやテープなどで保護する作業です。仕上がりに影響を与えることもあるので、細部まで養生します。

目地シーリング工事

目地現状 施工前のシーリングの現状です。かなり劣化が進んでいます。

目地撤去 (2) 古いシーリングをすべて撤去しています。その後、プライマーを塗布していきます。

目地シーリング (2) 新しいシーリングをたっぷり充填して、ならしていきます。

サッシ廻りのシーリング工事

サッシ廻りプライマー シーリング材でで汚れないようにマスキングテープで養生し、プライマー塗布をしていきます。

サッシ廻りシーリング 新しいシーリングを充填します。雨漏りなどの不具合を発生する可能性のある箇所なので、丁寧に作業をします。

サッシ廻りシーリング押え (2) 充填したシーリング材を隅々まで行き渡らせて、ならしていきます。

外壁塗装

壁下塗りシーラー シーラーで下塗りをします。シーラーはその後に塗る中塗り・上塗りと塗装面の密着性を高める役割があります。

壁中塗り1 中塗りです。

壁柄つけ1 外壁パターン① スズカファインのWBアートSiの柄つけ1回目です。WB多彩仕上工法は、今までのように多色で自然な凹凸の美しい風合いを持ったサイディングボードの仕上がりにしていきます。

壁柄つけ2 外壁パターン① 柄つけ2回目です。

壁柄つけ1回目 外壁パターン② 柄つけ1回目です。

壁柄つけ2かい 外壁パターン② 柄つけ2回目です。自然な風合いの表情が出ています。

壁クリアー WB多彩仕上工法、クリヤー塗装です。

壁上塗りk2 この美しい風合いを保つために、K2コート(光触媒)を吹き付け上塗りしていきます。

屋根カバー工法

屋根現状 施工前の屋根です。端部が浮き上がったり、剥がれたり、表面がボロボロになっています。既存の屋根材を撤去しないでリフォームする屋根カバー工法ガルテクトにて施工していきます。

ルーフィング (2) 屋根の防水シート(ルーフィングシート)を全面に張ります。

屋根完成 (3) ガルテクトでカバー工法(重ね葺き)完了です。これで雨漏りする心配もなくなりました。ガルテクトは軽量のため地震の際に建物にかかる負担が軽減され、また既存の屋根の撤去がないので比較的費用も抑えることができます。

付帯部塗装

軒天上塗り 軒天の上塗りをしています。付帯部も塗膜で日焼け防止となるので、塗装していきます。

破風上塗り 破風の上塗りです。

シャッターボックス上塗り シャッターボックスの上塗りです。

水切りケレン 水切り板金のケレン・下地調整作業です。サビが発生している箇所は削り平らにします。

水切りサビ止め 水切りのサビ止め塗布作業です。刷毛で鉄部すべてにたっぷり塗布していきます。

水きり上塗り 水切りの上塗りです。

ベランダ防水シーラー ベランダ防水のシーラーを塗っていきます。

ベランダ防水上塗り ベランダ防水の上塗りです。

ベランダ防水上塗り2回目 ベランダ防水の上塗り2回目です。仕上げ塗りを丁寧にすることで、雨や紫外線の影響を最小限に抑えるとともに、汚れもつきにくくなります。

私が担当しました!

外壁のデザイン性を大事にし、かつ耐久性も20年ぐらい保ってほしいというお客様のご希望で、WB多彩仕上げ+光触媒(K2コート)の仕様でおすすめさせていただきました。明るくおしゃれな仕上がりになりました。

池田慶一
池田 慶一

外壁塗装 ビル・アパート・マンション 大和ハウス ミサワホーム パナホーム トヨタホーム 積水ホーム
お問い合わせ