名古屋市天白区にて屋根・外壁の建物診断にお伺いしました。

  • 建物診断
  • 社長ブログ

池田 慶一

池田 慶一

代表取締役

スタッフ紹介はこちら

先日、名古屋市天白区にお住まいのお客様より

『屋根の色あせが気になる』『外壁材を手で触ると白い粉がつく』

とのお問合せをいただき、建物診断にお伺いしました。

築年数15年の建物で、屋根材はカラーベスト(スレート)、外壁材は窯業サイディングボードが使用されていました。

↑早速、屋根(カラーベスト)から診断させていただきました。

屋根材(カラーベスト)の色あせ・変退色が見られました。撥水性が低下していると思われます。

基材が雨水(水分)を含むと反り・割れにつながる恐れがありますので、再塗装をお勧めさせていただきました。
割れが2カ所見られ、シーリング材で割れを補修する必要があります。

 

↑板金を固定している釘を打ち直し、釘の頭をシール止め(釘が出てこないように)することが必要と思われます。

 


↑次は外壁(窯業サイディングボード)の診断を行いました。

触診検査を行うと、手に白い粉がつきました。これはチョーキング現象といって塗膜劣化が進行していて、塗替えの時期の目安となります。あとボードの浮きが見られました。塗装工事の際に、ボードのビス止め工事も同時に行うことをお勧めします。

 

↑目地のシーリング材の剥離・切れが見られました。

目地のシーリング材は建物内部への雨水の侵入を食い止める役割を担う重要な部分になります。漏水対策として早目のシーリング打替え工事をお勧めします。

その他に、ベランダ床・付帯部分の診断を行い、建物診断が終了いたしました。

今回、お客様のご希望で3プランのお見積りを作成させていただくことになりました。

 

『自分のお家は大丈夫かな』『見てもらうだけでも見てもらおうかな』と思われる方は
是非、東海工芸にご相談ください!!
 

お気軽にどうぞ♪

0120-37-2514

受付時間 9時~19時 定休日:火曜