外壁塗装のとき、軒天の色は何色で塗り替えがいいですか?な件

  • 外壁塗装の基礎知識
  • その他の工事、豆知識

目加田 充規

目加田 充規

工事管理部

徹底したお客様目線で、施工管理をして参ります。宜しくお願い致します

スタッフ紹介はこちら

外壁、屋根の塗り替えをする際に、外壁・屋根の色を決めます。

そして、樋(とい)や破風(はふ)など、細かな部分の塗装色も決めていかなければなりません。

 

中でも、よく聞かれることが多いのは、軒天の色をどの色にしたらいいか?です。

 

軒天(のきてん)とは、軒裏(のきうら)とも呼ばれていて、屋根の裏側の天井の部分です。

どーも。

名古屋市の外壁塗装専門店』

東海工芸の目加田です。

 

今回は、軒天の色、軒天塗装について、ポイントをお話ししていきます。

 

軒天塗装でオーソドックスなのは白系統の色

最もオーソドックスな色合いとして使用されるのは、白系統の色です。

 

白が合う理由としては・・・

・どの色の外壁と合わせても遜色ない 

白系統というのは、真っ白だけでなく、少しくすんだ白やベージュを含んだような色も含みます。外壁が濃色でも淡色でも違和感が少ない定番の色になります。

 

・白で塗ると明るく感じる 

濃い色で軒天を塗装すると、どうしても重みが出たり暗くなりがちです。シック、モダンにしたいのであれば黒やグレーの選択肢もあるかと存じます。明るさを感じたいのであれば、私は白系統の色をオススメする事が多いです。

 

白系統以外を使用する場合まわりの色合いが大事

 

白系統以外の色を軒天に使用する場合、まわりの色合いが大事です。

破風板に合わせたり、外壁・屋根に合わせたり、接する外壁・屋根や破風などの色とバランスをとることで、まとまりが出ます

 

 

屋根・外壁や破風の色に合わせ、馴染むような同じ色合いで揃える方
青系統の外壁塗装に、黄色の軒天を入れてみたりというように、軒天にアクセント色として全く違う色を入れる方もいらっしゃいます。デザイン性と好みの問題なのかと思います。まとまりがなくなってしまうのではという懸念点もございますが、個性として入れるのであれば大いに賛成です。

 

また、軒天は陰になるため、実際の色より暗く見えるという見え方に違いを感じたりもします。イメージする仕上がりの色具合をお伝えして、ご相談するとよいかと存じます。

 

結局・・・

結局、何が言いたいかというと

軒天の色選びは、お家全体との統一感が大切になります!

アクセントとして個性豊かに演出するか!あとは個人の好みです!!

って事です!

 

 

屋根修理や塗装、外壁塗装で納得がいかない仕上がりになって後悔しないために、

しっかり考えてほしいから、なんでも遠慮なく聞いてほしいです。

お客様のペースやご都合に合わせて、スタッフが誠実・丁寧にお応えします。

まずはお気軽にご相談ください。

もちろん相談、お家の診断、見積りは無料で行っておりますのでご安心ください。

東海工芸ショールームってどんなところ?どこにあるの?  ←こちらをクリック

 

自社施工にこだわり丁寧な工事を心がけて、おかげさまで東海エリア施工実績5,500件を超えました。

東海工芸の工事品質をぜひお確かめください!

施工事例一覧  ←こちらで施工の一部をご紹介しています

 

名古屋市を中心に愛知県で外壁・屋根塗装のことなら地域密着の塗装専門店 東海工芸に一度ご相談ください!

株式会社東海工芸

ヤマハ第一楽器わんわん植田店さん交差点すぐ

名古屋市天白区植田西3丁目810番地

受付時間:9時~19時

定休日:火曜

ご相談無料 0120-37-2514

 

塗装を知っトクことから始めませんか?

 

大決算セール!!!!名古屋の外壁塗装・屋根塗装ショールーム

お気軽にどうぞ♪

0120-37-2514

受付時間 9時~18時 定休日:火曜

大決算セール!!!!名古屋の外壁塗装・屋根塗装ショールーム